物件資料の見方を攻略しよう。

物件の詳細を知るには、まずは物件資料。
見慣れない不動産の専門用語がありますが、その一部をを簡単にご説明させていただきます。

  1. 都市計画:大きく、市街化区域と市街化調整区域に分けられます。市街化調整区域は基本的には建築不可です。
  2. 建ぺい率:敷地面積に対する建築面積(建物を真上から見下ろして壁や柱の中心線で囲まれた部分)の割合です。
    容積率:敷地面積に対する延べ床面積(各階床面積の合計)の割合です。
    建ぺい率と容積率で建物の規模が決まり、用途地域ごとに許容限度が決められています。

    (参考画像:SUUMO『土地選びの勘違い解消法』より)
  3. 用途地域:建築できる建物の種類を定めた地域のこと。蒲郡市の市街化区域は9種類に分類され設定されています。
    ・第一種低層住居専用地域・・・低層住居の良好な環境保護のための地域
    ・第一種中高層住居専用地域・・・中高層住宅の良好な環境保護のための地域
    ・第一種住居地域・・・大規模な店舗棟の立地は制限される。住宅の環境保護のための地域
    ・第二種住居地域・・・住宅の環境保護のための地域
    ・近隣商業地域・・・近隣の住宅地の住民のための店舗、事務所等の利便の増進を図る地域
    ・商業地域・・・店舗、事務所等の利便の増進を図る地域
    ・準工業地域・・・環境の悪化をもたらすおそれのない工業の利便を増進する地域
    ・工業地域・・・工業の利便の増進を図る地域
    ・工業専用地域・・・専ら工業の利便の増進を図るための地域

    (参考画像:愛知県HP用途地域より )
  4. 法令制限:農地法や準防火区域、セットバックなど制限があるものはここに記載されます。
  5. 物件ナンバー:お問い合わせをいただく際、この番号をお伝えください。

丸七住宅がプロデュースするGAREの物件マップは、丸七住宅で取り扱う他の物件マップとはちょっと異なるデザインで作成しています。
GAREの特徴となる設備や仕様を写真付きで載せているので、より分かりやすいものとなっております。
店頭で見かけたら、お気軽に手に取ってご覧くださいね。

MAPとともに毎月発行されるチラシと情報誌もございます。来店された際は受付で気軽にお申し付けください。

GAREの物件がちょっと気になるけど、お店に行く時間がないという方は、各物件の屋外に設置されているカタログポストからご自由にお持ちください。
いち早く新鮮な情報をチェックされたい方はInstagramのフォローもおススメです↓↓

 

見学申し込みフォーム

見学されたい物件名(複数選択可)(必須)

※物件名は販売物件のページをご参照ください。
※物件詳細ページでは、そのページで表示している物件は予めチェックがはいっています。

お名前(必須)

氏名
フリガナ

電話番号(携帯番号または自宅電話)(必須)

メールアドレス(必須)

半角英数字でご入力ください。
携帯電話のメールアドレスを利用している方は、@gare.jp を受信できる様に設定してください。

お問い合わせ内容

個人情報のお取り扱いについて(必須)

いただいた個人情報はお問い合わせの対応にのみ使用し、他の目的に利用することはございません。また、弊社はあらかじめお客様の同意なしに、いただいた個人情報を第三者に提供いたしません。弊社のその他個人情報に関する取り扱いについては「プライバシーポリシー(※弊社別サイトが開きます)」をご覧ください。上記事項をご確認の上、ご同意いただける方は下の「同意する」をチェックしてください。

関連記事一覧

PAGE TOP